令和2年8月 処暑号<ユリノキの花を楽しみたい~~>

今年6月の芒種号に取り上げました「ハナキササゲ」がきっかけで、樹の花を想いながら
コロナ騒動と、自身の体調不良で、リハビリジョギングを兼ねて、「ユリノキ」の花を連想しながら、毎年花をつけないユリノキの街路樹を意識しながら、小平周辺から、新宿御苑、赤坂迎賓館、外苑スポーツ広場まで足を延ばしておりました。
写真① ユリノキの花と葉っぱ.jpg
ユリノキの花と葉っぱ

ユリノキの花の形はチューリップに似ており、英語の名前が「チューリップ ツリー」で葉の形が日本の着物の中で、袢纏(ハンテン)を広げた形に似ていることから、ハンテンボクと呼ばれている。
この樹は大きく育って、街路樹に植えられていることが多く、又成長が早いので剪定をすると2,3年花がつかない性質があり、小平市内にも何か所かあるが、この花、樹を知っている人が少ないので、実際の写真を撮り、皆さんに見て頂くこと、更に花を楽しめる手入れの仕方などを検討してみたい…ということが今回の目的ですが・・・
小平市内、周辺地域にあるユリノキを紹介したいと思います。
小平市内の街路樹では鈴木町一丁目、回田通と学園東小学校北通りの交差点の鈴木町一丁目の街路樹です。この道路・樹の下で掃除をしている人に聞いてみましたが、この樹の花を見たことは無い様です・・・
写真②-1-1 6月26日   鈴木町一丁目 ①.jpg
写真②-1-2 鈴木町1丁目 ユリノキ②.jpg
鈴木町1丁目のユリノキの緑豊かな風景

この他に小平市内で私の知っているユリノキは、仲町の十四小学校正門右、天神シラカシ
公園(2本あり、内一本は小平銘木百選)などにありますが、他にもあると思いますので、
ご存知の方はお知らせください。

小平周辺地域としては今回東大和市の「ユリノキ通り」と小金井公園の中央通りの並木と
ユリノキ広場の観察をしました。
写真③-1  東野火止橋.jpg
写真③-2  東大和市、ゆりのき通り-1 7月3日.jpg
写真③-3  ゆりのき通りー3.jpg
東大和のユリノキ通り
写真④-1 2020年06月20日.jpg
写真④-2 小金井公園中央・ユリノキ並木.jpg
写真④-3-1 小金井公園 中央ユリノキ並木.jpg
写真④-3-2 小金井公園 中央ユリノキ並木.jpg
小金井公園のユリノキ

その後地域を広げて、中央線千駄ヶ谷駅から新宿御苑、外苑スポーツ広場周辺、外苑から赤坂迎賓館前までの街路樹、四ツ谷駅前等々、観察を続けるうちに花の蕾と思って観察していたところが、実はすでに花が散って、種子が育ちつつあるものと、ある日夢のような感じで気がつきました。
写真⑤-1 新宿御苑ユリノキ 8月1日.jpg
写真⑤-2 新宿御苑ユリノキ.jpg
写真⑤-3 新宿御苑の芝生 8月8日.jpg
写真⑤-4  新宿御苑の夕日   8月8日.jpg
新宿御苑
写真⑥ 神宮外苑 スポーツ広場 ユリノキ 8月8日.jpg
外苑スポーツ広場 2Fレストラン脇
写真⑦ 赤坂迎賓館南 ユリノキ並木.jpg
外苑から赤坂迎賓館迄の街路樹

そして「日本のゆりのき原木」として知られている新宿御苑・・・ユリノキの大木があり、ここから全国に広がったと聞いております。
上記外苑から迎賓館前までの街路樹の写真を出しましたが、この反対側に外苑銀杏並木のすぐ隣を青山通りまでユリノキの街路樹が続き、更に皇居の半蔵門から日比谷通りまでユリノキの街路樹が並んでおります。
想い出としては、皇居OG/OB駅伝を走りながら、落ちている花びらを見つけ、咲いている花を見上げて、眺めて、楽しく走った思い出が、現在はもうこの駅伝はありませんが、当時の山田啓蔵代表にお話をした思い出もユリノキと重なってきます。
(山田啓蔵さんは今年92歳で逝去されたと訃報がネット情報で流れ、ご冥福をお祈りしております。)

最後に四ツ谷駅前から、迎賓館に行く途中、駅前を出た所大きなユリノキがある。タクシーに乗るときにユリノキの花のことをお聞きした思い出があり、その時花が満開でしたが、タクシーのドライバーは全く知りませんでした。

そして今回新発見が迎賓館正門前、ユリノキの広場(?)に新しい施設が今年できておりました。「迎賓館前の休憩所」です。地上では地下に降りる階段とエレベーターなど少しの設備で、地上から見下ろせる、子供たちの水遊び、噴水広場が見下ろせて、その周辺が喫茶、ランチスペースになっており、下から見ても360度の空と、周辺のユリノキが
視界に入っています。
写真⑧-1 赤坂迎賓館前   ユリノキ広場.jpg
写真⑧-2 迎賓館前休憩所  8月8日.jpg
写真⑧-3 迎賓館前休憩所.jpg
写真⑧-4 迎賓館前休憩所.jpg
ユリノキ広場と迎賓館前休憩所

是非花の季節に散歩したいと思いながら、今回は猛暑の夏の、緑のハンテンボクを満喫してきました。
合計10回以上観察に行きましたが、6月中には花(開花)を見ることが出来ずにがっかりしておりました。これはコロナの影響で4,5月ごろ近隣のジョギングだけで、遠くまで外出出来なかったことが・・・歳の所為を忘れて、がっかりしている状況です。

以上の経過はともかく、今回の観察目的は小平市内の、広くは日本の街路樹の在り方、選別、剪定の在り方などに参考にしてほしいことが、主テーマです・・・
写真⑨ ユリノキの四季.jpg
ユリノキの四季

上記の記録写真の中から街路樹の2枚の写真を見てみると、大きな樹にもかかわらず、花の散った跡が全く見当たりません。すなわち花が咲かない状態であること、その理由は街路樹のため、2,3年に一度強剪定が必要であることでした。
折角の美しい花の樹を街路樹に植えても、全ての枝を2,3年に一度強剪定をすると、全く花が咲きません。

従ってユリノキなどの街路樹としての目的に緑と花を考えるとしたら、その手入れの仕方を十分その花の樹を生かす方法を考えて、その街の美しい光景「街づくり」に生かしてゆくことを、提案、お願いしたいと思います。

以上、ユリノキにこだわった内容になりましたが、小平市内でユリノキをご存知の方は、お知らせください。上記を含めて、鈴木町街路樹、14小正門脇、天神シラカシ公園、その他ご存知の方は急ぎませんが教えてください。来年の花の季節までに、小平市内ユリノキ・マップを作りたいと思いますので・・・

次のPTPL交流会・日程は以下参照ください。
場所: サン珈琲(小平市小川町2-1233-3 当日連絡は電話:042-347-3058)
日時: 日程は、8月30日(日曜日) 14時~16時を予定
参加は自由、どなたでも参加できます・・・ 
(会費はなく、飲食代金は自己負担です)
(問合せ・連絡先 NPO PTPL理事・小平支局長 池田春寿T/F042-346-7268、
メールsahaikeda@nifty.com)
ブログ(2019年迄):http://ameblo.jp/ptpl-haru/
ブログ(2020年から):https://ptplkodaira.seesaa.net/
ともいき暦:http://www.tomoiki.ptpl.or.jp/calendar/2020/
ジャパネスク:http://japanesque.tokyo/
名称未設定 1.jpg

"令和2年8月 処暑号<ユリノキの花を楽しみたい~~>" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント