令和2年5月 立夏号<新緑の多摩湖を走る他、春から初夏へ>

桜の季節が通過してゆき、温暖の変化がきつい中、4月19日久しぶりに多摩湖全周を走り、新緑を体感しながら、晴天の中、富士山も数か所で楽しむことが出来ました。
ルートは家・小平市学園東町1丁目から出てすぐに鷹の街道を横切り、平安窪通から青梅街道を横切り、ひだまり公園を通過、緑川通を超えて、桜で紹介した仲町保育園、東村山実務学校から東京街道を超えて多摩湖サイクリング・遊歩道に入り左折、西武拝島線踏切を渡り、多摩湖に向かって走りました。
八坂の駅北側にはすっかり葉桜になった河津桜を見て、東村山中央公園の北側を進み、新青梅街道との立体交差をくぐり、東村山浄水場、消防署脇を通過して、狭山公園手前で、武蔵大和駅西信号を通過して狭山公園に入ります。
この時点ではまだ5㎞ポイント・・・いよいよ多摩湖周辺の新緑に入ります。
狭山公園の太陽広場は桜のブログにも写真がありましたが、名前は<太陽>ですが、近年<桜の種類>をたくさん増やしており、桜広場と名前をつけたいところでもあります。
写真①-1  太陽広場.jpg
写真①-2  狭山公園新緑.jpg
写真①-3  多摩湖堰堤の風景.jpg
狭山公園太陽広場、周りの林、多摩湖堰堤の風景

氷川神社前を通過して、狭山公園内の登り・下りの坂を何とかトレイニングとして走り、多摩湖の堰堤北から
 多摩湖の向こうに見える富士山を背景に、セルフタイマーで自分の写真を撮る。
そして多摩湖周回に入ります。
写真②-1 多摩湖の先に富士山.jpg
写真②-2 多摩湖周辺.jpg
写真②-3 西武休場に向かって.jpg
多摩湖堰堤から富士山、遊歩道を西武球場に向かって

小平周辺と比較すると少しだけ緑が遅れてはいるが、ナラ、クヌギなどの新緑、そしてハナミズキの花が開き始めている様子を感じながら、堰堤から16分、19分過ぎのポイントで、西武園球場の丸い屋根が見えてきました。
20分ポイントで林側の道路脇にはタンポポが咲いておりました。遊歩道・サイクリング道路は10年余り前に多摩湖一周交差点無しに整備されて、車道と並行していることもあり、全て西洋タンポポしか見られませんですが・・・
都心で珍しい関東タンポポのある場所が、明治記念館周辺の土手にあるのを発見したのは20数年前でしたが。
写真③-1  西洋タンポポの花.jpg
写真③-2  西武球場.jpg
西洋タンポポ、西武ドーム

西武園球場脇を通過して、多摩湖の真中、南北に走る堤防の北側の橋・多摩湖橋にかかり、富士山の見えるスポットで写真を。ここで撮れる写真は吊り橋の三角線(スパイダーブリッジ)を入れて富士山を撮る「北斎・富岳三十六景スタイルの富士山」を今年初めて撮影できました。
写真④-1 多摩湖橋から富士山を見て.jpg
写真④-2  スパイダーブリッジ先の富士山.jpg
スパイダーブリッジの先の富士山

相変わらずタンポポが、既に実が飛んでしまってる道端を走り、エゴノキ橋から、クヌギ橋を通過する直前の多摩湖の奥の林の緑にすっかり気分良くなり・・・最後の上り坂に挑戦、里程標は16.6㎞あたり・・・(この里程標は遊歩道の始まり五日市街道から、100mごとに多摩湖を回り、最後は21.5㎞迄あります)
間もなく多摩湖遊歩道の一番奥、折り返し点の気分で先を見ると、カブトムシ2匹の像が乗るアーチ・門が見えるところを左にU-ターンして気分としては帰り道に入る。(里程標は16.2㎞)
写真⑤-1 タンポポの種.jpg
写真⑤-2 多摩湖奥の新緑.jpg
写真⑤-3 U-ターン先の兜虫アーチ.jpg
多摩湖奥、折り返しのカブトムシ門

ここからコースは下りになり、モミジ、カエデのきれいな秋を思い出しながら、車道の向こうに境界線を示す立札が見えます。向かって左・東が東大和市、右が武蔵村山市と書いてありますが、林には全く境界のわかる証は見当たりませんが・・・
写真⑥ 東大和・武蔵村山の境界表示.jpg
東大和・武蔵村山の境界線

通過して15,14㎞の里程標を通過して、多摩湖中道の南側、小石川橋の西の給水所とする場所、即ち多摩湖の3/4を回ったところで一息入れて、下りの橋を走り出したところで、右の林の向こうに富士山が見えるスポットに来て撮影。
そのすぐ脇の枯れ枝にキノコのような、プリンのようなものが見つかり、キノコ博士の山田眞久先生に観て頂きたい写真でした。小石川橋を通過して間もなく新設の公園管理事務所が出来て、トイレもできました。
写真⑦-1 小石川橋から富士山.jpg
写真⑦-2 枯れ枝にプリン?.jpg
写真⑦-3 管理事務所.jpg
小石川橋と近くに公園管理事務所

残り3㎞余りを多摩湖の南側、天気が良く、少し暑いお陰で気が付くと武蔵大和駅西信号を通過して多摩湖線との立体交差、更に多摩湖線の踏切2か所を通過して空堀川の橋に来ておりました。
その間道路沿いのハルジョオン、シャクナゲの花、そして空堀川の東・新青梅街道側の葉桜になっている河津桜の並木など見て新青梅街道との立体交差をくぐり、
写真⑧-1 ハルジオン他.jpg
写真⑧-2 石楠花他.jpg
写真⑧-3 空堀川沿いに河津桜・既に葉桜.jpg
ハルジョオン、シャクナゲ、河津桜など

東村山中央公園脇に帰ってきた雰囲気に、ほっと一息という感じで、多摩湖線沿いの元気に伸びている草、山吹の花、オオイヌノフグリ、真っ赤なツツジ、ジャーマンアイリス、等に癒されて、最後に撮ったのは花ミズキの大きな木で締めとなり・・・25㎞のジョギング終了でした。
写真⑨-1 山吹の花.jpg
写真⑨-2 つつじ.jpg
写真⑨-3 花ミズキ.jpg
山吹、つつじ、花ミズキなど

この間にもう一つ楽しかったのは多摩湖周辺で聞こえてくる鳥の声、この季節に一気に種類が増えてくることでした。先ずは<ウグイス>、次に<シジュウカラ>、<ヒヨドリ>、<オナガ>、<ガビチョウ>等々賑やかでした。これは<You-tube>で流すことが出来ればよいのですが、将来又はどなたかがやって頂けるのを期待しております。

次のPTPL交流会・日程は以下参照ください。
場所: サン珈琲(小平市小川町2-1233-3 当日連絡は電話:042-347-3058)
日時: 日程は、未定です。 14時~16時を予定
参加は自由、どなたでも参加できます・・・ 
(会費はなく、飲食代金は自己負担です)
(問合せ・連絡先 NPO PTPL理事・小平支局長 池田春寿T/F042-346-7268、
メールsahaikeda@nifty.com)
ブログ(2019年迄):http://ameblo.jp/ptpl-haru/
ブログ(2020年から):https://ptplkodaira.seesaa.net/
ともいき暦:http://www.tomoiki.ptpl.or.jp/calendar/2020/
ジャパネスク:http://japanesque.tokyo/
名称未設定 1.jpg




"令和2年5月 立夏号<新緑の多摩湖を走る他、春から初夏へ>" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント